格安航空会社の中でも歴史が長く、知名度も高めなスカイマークは、茨城発の便が多数設定されています。
そこでこの会社の便を利用して、よりお得に旅をするコツを、紹介したいと思います。

まず始めに紹介するのは、色々考えるのは面倒くさいと言う、ズボラなあなたにおすすめしたいこちらです。旅行会社のツアー利用!幾つかの旅行会社では、この会社の便を利用したパックツアーを企画しています。

例えばスカイパックツアーズと言う会社の場合、直航便で那覇までの一泊二日の旅行代金は、航空運賃込みの2名1室で最低16,800円から申込が可能です。更に空港からホテルまでは、タクシー送迎もついてこの値段ですから、かなりお得ですよね。この他にも名鉄観光や近畿日本ツーリストなど、何社もで企画されていますから、インターネットで調べてみる事をおすすめします。

次に紹介したいのは、自由気ままな旅を希望されていて、手続きも苦手では無い人向けのお得情報です。この航空会社では、幾つかの割引運賃設定がされています。それを利用することで、運賃がかなり格安になります。例えばこの秋、10月中に沖縄への旅行を考えている場合は、1日から29日までの期間限定料金「SKYセール」の利用がかなりお得です。那覇までの運賃が期間中全日、片道運賃が3,500円(税込)で利用出来ます。

但しこれに別途で、旅客施設使用料が発生する様ですが、往復で利用しても通常時の片道運賃より、かなり安上がりです。合わせて同じ期間内に、「SKYバーゲン45」というキャンペーン運賃も設定されています。出発日の45日前までの予約で、那覇までの運賃が片道5,000円(税込)と言う設定になっています。

こちらも同じく別途に、旅客施設使用料が発生します。しかしSKYセールもSKYバーゲン45も、利用できる便は直行便のみとなっています。経由便を使いたい場合は料金設定が有りませんから、注意が必要です。また便の変更は出来ないので、そこにも注意して下さい。これらのチケットの発売は、7/13(水)の13:00からとなっています。予定が合う方は、早めの予約をおすすめします。

その他の路線を利用したい場合には、予約の7日前・3日前・1日前まで予約可能な、「前割」がお得です。
予約の変更も可能で、便によっては15,000以下で利用できます。

これらのパックツアーやお得運賃を利用して、格安航空券 国内旅行を楽しみましょう。

公開日

茨城空港は、県東部の小美玉市に位置しています。2010年に民間共用化され、国内線と国際線の定期便が就航するようになりました。関東には、日本最大級の成田空港と羽田空港がありますが、北関東からは羽田空港や成田空港へ行くのに、2~4時間程度かかってしまうので、気軽に飛行機を利用するのが難しい状況でしたが、新たに北関東に空港ができたことによって、日本の各地や、海外にも手軽に出かけられるようになりました。

国内線は、すべてスカイマークエアラインの便です。就航都市は、神戸、那覇、福岡、札幌の4都市です。
那覇便は神戸経由になるので、少し時間がかかりますが、羽田空港を利用するよりは所要時間も費用も少なくて済みます。特に需要が多いのが、神戸行きの便です。

神戸空港は、神戸市沖の人口島に作られた小規模な空港ですが、立地がたいへんいいので、神戸の中心地である三宮まではモノレールで10分程度で行くことができます。関東に住んでいる人にとって、神戸‐大阪間の距離や移動所要時間はイメージしにくいですが、神戸から大阪までは意外と近く、JRや私鉄などの鉄道網が発達しています。三宮から特急に乗れば、約30分で大阪最大の繁華街である梅田に行くことができるので、北関東から大阪へ出張や観光で訪れたい人にとって、神戸行きの便は大変便利です。神戸行きの便は、1日2便あるので、往路は朝8時台発の便を利用し、復路は18時台発の便を利用すれば、1泊2日でも神戸や大阪で観光を楽しむ時間は十分に確保できます。

航空運賃は、フライト日時や混雑状況によって異なりますが、大手の航空会社よりは割安なのも魅力の1つです。運賃は安いですが、予約サイトの使いやすさや、カウンターでのサービスは洗練されているので安心して利用できます。

国際線は、中国の上海と深セン、台湾の3路線があります。日本を訪れる外国人観光客をメインターゲットとした路線ではありますが、日本からの海外旅行にも利用することはもちろん可能です。

上海便と台湾便を運航しているのは、LCCと呼ばれる格安航空会社です。台湾便を運航しているのは、V-Airという台湾系のLCCですが、羽田空港や福岡空港など、日本各地にも就航しているのでサービス実績は豊富です。LCCの場合も、フライト日時や予約状況によって、運賃が変わってきますが、安い便だと日本‐台湾間が1万円以下のチケットも販売されているので、お得に海外旅行を楽しむことができます。

公開日

スカイマークでは、茨城空港から札幌、神戸、福岡、沖縄の各空港に就航しています。普通航空運賃もどの路線も安いですが、往復航空券と宿泊ホテルをセットにしたツアーを利用すると、格安の料金で旅行できます。

例えば、神戸までの普通航空運賃は、片道15,000円ですが、往復の航空券と神戸の一流ホテルに、1泊2日朝食付き2名1室セミダブル利用で16,800円からとなります。1泊2日朝食付の料金がまるまる浮くだけでなく、往復の航空運賃も約半額になるなど、すぐには信じがたいような破格の設定です。日付によって料金は変わりますが、スケジュールが比較的自由に決められる場合は、価格の低い出発日を選ぶとたいへんお得に旅行できます。

予約は、出発日の5日前まで可能です。利用する便は、予約時に選べます。破格の料金だからと言って、使いづらいホテルが設定されているわけではまったくありません。むしろ観光客に大人気のホテルばかりを選んでいます。このツアーでも、神戸の有名スポットである南京町や異人館、夜景を見るのに便利なJR元町駅から、徒歩2分という好立地のホテルを使用しています。他にも35ものホテルが用意されていて、その中から自分が宿泊するホテルを自由に選ぶことができます。

この航空会社では、関西への便は神戸空港利用となります。神戸空港は空港内に駅があり、すぐに神戸の中心地の三宮駅に着けますし、そこから大阪や京都にもわずかな時間で行けます。神戸空港を利用すればどこにでもアクセスしやすいので、関西圏の観光にはもってこいです。神戸空港を利用して、宿泊は、大阪や京都、奈良、和歌山にすることもできます。大阪のホテルは52も用意されていて、京都は4、奈良は6、和歌山は4となっています。

つまり100以上のホテルから、自由に宿泊先を選べるということになります。
ツアーと言っても団体旅行ではないので、添乗員はつかず、出発から帰宅まで、個人で手配した旅行となんら変わりはありません。出発前に、航空券や宿泊クーポンが渡され、それを持って自分たちで搭乗時や宿泊時に、それを渡すだけです。

札幌や沖縄に向けての格安ツアーも数多く販売されています。ホームページを随時チェックし、自分の希望合ったツアーを見つけたら、すぐに抑えてしまいましょう。人気のツアーはすぐ売り切れてしまいます。早い者勝ちのようなところがあるので、常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

公開日

茨城だと羽田を利用する人が多かったですが、羽田まで出るのってたいへんなんです。水戸駅からでも、JR常磐線で上野まで出て、そこから山手線に乗り換えて浜松町で降りて、さらにモノレールに乗り換えてようやく羽田です。乗り換えが多いし、2時間はかかりました。

飛行機に乗ってる時間よりも羽田まで出る時間の方が長いという状態で、だから2010年から県内の空港が使えるようになったのはとてもメリットがあることなのです。水戸駅から直通バスで40分しかかかりませんから。本数も多いです。1日10往復以上はしています。この空港からは海外へも行けますが、やはり利用の多いのは国内線です。国内線はスカイマークが就航していて、格安料金で札幌や神戸、福岡、那覇という遠い人気観光地に行けるのでとても助かっています。

 関西方面へ行くのでも、東京まで1時間半ほどもかかって、そこから新幹線を使うより、飛行機で一直線に神戸まで行けるほうがずっといいです。JRの在来線も新幹線も割引はないですが、飛行機なら間際の予約でなければなにかしらの割引が受けられます。そのため、新幹線を使うより安く行けます。いま得を使うと、運が良ければ半額程度になったりするので、そういうところも魅力です。空港ができて、この航空会社を使えるようになって、時間も費用も節約できるようになったので、旅行が身近なものになったという気がします。

2010年から使えるようになったばかりで、まだこの便利さとお得さを知らないでいる人も多いようなんですが、もったいないことですね。まさか県内に空港ができるとはほとんどの人が予想していなかったので、無理もない面はありますが。羽田を使うものだという固定観念がなかなか消えないのでしょう。こんなにお得な方法があるのに。インターネットを使う人なら結構知っているようですが、使わない人は知らないでいたりもします。一度使ってみたら、皆ピーターになるでしょうね。

初めは、すぐ撤退してしまうのではないかとひやひやしていました。でも、こうして各地に飛行機を飛ばし続けていてくれて、本当に良かったです。この航空会社だったから、続けてこられたんでしょう。飛行機に乗るということを、ごく普通の、当たり前のことにしてくれましたから。やはり格安航空運賃というのはセンセーショナルでした。最初は半信半疑でしたよ。この航空会社がこの県に就航していてくれて、県民はラッキーでした。

公開日

茨城発の便が多数出ているスカイマークを利用して、お得に出張するコツを紹介します。
急な出張での利用に、便利でお得なのが「いま得」と言う料金プランです。

これは出発日の3日前まで予約可能なプランです。
これは乗りたい便の残席数によって運賃が変わります。

全路線に設定されているので、タイミングが合えばかなり格安な料金で出張する事が可能です。
10月末までのいま得の最低料金は、新千歳又は福岡までが9,000円、神戸と那覇までが6,500円の設定になっています。
普通運賃から数百円引から最低運賃の間で金額が変動するので、かなりお得になる事も有ります。
問題は予約変更が出来ないところです。

そういったことはなかなかないと思いがちですが、意外とあるものです。
そこでおすすめなのが、予約変更出来る割引プラン「前割」の利用です。
スケジュールにもよるところがありますが、前割には7・3の2種類があり、それぞれ出発日の7日前・3日前まで予約可能なプランです。
通常運賃の半額ほどの値段で利用でき、前割7の方が3よりやや安価です。

だいたい、1,000円から2,000円の差額が有ります。
いずれも席数が限られるので、日程が決まったら早めに予約した方が良いでしょう。
また飛行機を使った出張と言うと、遠隔地ですから宿泊も考える必要が有る事も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、旅行会社の企画したフリープランを出張に使う事です。

これは意外と知られていないのですが、とてもお得なプランだったりします。
一泊から十数泊までの幅で予約出来ることが多く、このLCCの往復便と宿泊がパックになった企画が、幾つかの会社で提案されています。
しかも各社HPからの予約が可能なので、手配が手軽なのが良い所です。

例えば日本空輸株式会社のGOOD TRIP EXPRESSと言うHPでは、出発5日前まで予約ができ、座席指定が無料でできます。
また延長料金は発生しますが、日程延長は最大14日まで可能です。
福岡に一泊二日で出張する場合1名1室朝食付きで、最低金額23,400円から予約が可能です。

航空運賃と宿泊費に朝食が付いてこの値段ですから、かなりお得ではないでしょうか。
H.I.S.でも出張パックと言う企画があり、同じく出発5日前まで予約可能で、こちらはH.I.S.のおすすめホテルから好きな所を選んで予約できます。やはり朝食付きで、1名1室24,900円から予約できます。他の会社でも同じ様に企画が有るので、好みに合ったものを探してみて下さい。

お得に出張するコツの紹介は以上です。
出張の予定次第で様々な組み合わせが可能ですので、これらのプランを利用してみてください。

公開日